風俗で駅弁ファック

猛ダッシュしていたのが懐かしい

風俗を覚えたての頃は、会社が終わってから猛ダッシュすることもありました(笑)まだまだ自分が若かったのもありますし、予約だとかそういったこともよく分かっていなかったのもあって、自分なりにベストを尽くしたい。その気持ちからのものだったのは言うまでもないんですけど、風俗もまた、時代とともに変化しつつあるじゃないですか。だからあまりあれこれする必要もなくなってきたというか、特にデリヘルなんて数が多いのでそこまでしっかりと予約しておく必要そのものがなくなりつつありますよね。だから猛ダッシュすることもなくなりました(笑)体力的には消費をしなくなったので悪くはないなと思いますけど、心のどこかでちょっと寂しい自分もいます(笑)それに、風俗店の待合室の雰囲気も決して嫌いじゃなかったんですよね(笑)苦手だって人が多いのも分かりますので、デリヘルが増えて歓迎している人も多いとは思いますけど、個人的にはあの雰囲気も嫌いじゃなかったんですよ(笑)

しっくりきたのが性感マッサージ

別に他の風俗に違和感があったとかではないんですけど、いろいろな風俗で遊んでいる中でしっくりきたのが性感マッサージなんですよ。性感マッサージの魅力に遅ればせながら気付くことが出来たのは、自分の変化もあるのかもしれません。若い時はいろいろな意味で尖っていたり、反発もするじゃないですか。良く言えばエネルギーが余っているってことだと思うんですけど、次第にそのエネルギーも消費よりも蓄えようとするじゃないですか(笑)だから年齢と共に無駄なこともしなくなりますし、考え方が落ち着いてくる部分もあると思うんですよね。それは決して悪いことではないと思うんですけど、風俗でもまた、その気持ちがあるんです。だからこそ、性感マッサージが良いなって思うようになったのかもしれません。相手の存在感をぶつけられて、快感を得る。この性感マッサージの世界観は昔はそこまでじゃなかったんですけど、今では風俗の中で一番かなって思っているくらいです。