風俗で駅弁ファック

意識こそ、大切だと実感しましたね

彼女、本当に風俗嬢としてプロフェッショナルでしたね。プロフェッショナルなのは、スタイルが良いとか美人ということではなく、男を満足させるプロフェッショナルということです。それはやっぱり意識ですよね。風俗嬢としての責任感なのかもしれませんが、彼女の辺現在材且つ、こちらのことを配慮したテクニックの数々は最高でした。それに彼女はただ上手なだけじゃなくて、責任感の強さを感じたんです。だからこそ「テクニシャン」ではなく「プロフェッショナル」だと思ったんですよね。上手なのは言うまでもないんですけど、直接的な奉仕が上手だっただけじゃなくて、何をするのがベストなのかということまでしっかりと考えてくれていたと思うんです。それがやっぱり素晴らしいというか、こちらの満足を何よりも考えてくれていたってことなんですし、彼女のサービスはまさに「おもてなし」と言ってもよい程、素晴らしいものだったなって今でも思いますしね。

多少は無理をしたくなるものですよ

風俗はマイペースに楽しむべきものだということは頭ではよく分かっているつもりなんですけど、でも無理をしてでも楽しみたくなる時があるのもまた、一つの事実ではありますよね(笑)そもそも、風俗に限らず楽しいものってやっぱり自分の気持ちにブレーキをかけるのが難しいですし、多少無理してでも良いので楽しみたいって気持ちになるじゃないですか。自分にとって風俗がまさにそれなんですよね。残業した後で、帰り終電が無くなってしまうんじゃないかと思うような時でも休前日なら別に漫画喫茶とかサウナに泊ればよいじゃんって気持ちになるんですよ(笑)平日だとさすがにそれは難しいかもしれないんですけど、休日なら特に問題ないじゃないですか。むしろそのくらい思い切って遊んだ方が自分のためになりますし、せっかくならブレーキを掛けずに楽しみたいですしね(笑)ましてや風俗っていろんなものがあるだけに、それこそ「無理してナンボ」な部分もありますね。