風俗で駅弁ファック

地味目の子を狙っています

風俗では地味系の女の子に狙いを定めています。その方が楽しいというか、自分自身、気持ちの面で楽しめるってことに気付いてきたんですよ。風俗嬢って美人だったり可愛かったり、今風の子も多いじゃないですか。そんな女の子と楽しめることこそが風俗の醍醐味だって人もいると思うんですけど、自分は地味な雰囲気の女の子とのプレイが好きなんですよ。むしろそこに、大きな感動が待っているような気がするんですよね。だってギャップって点では地味な風俗嬢の方が大きいと思うんですよ。あんまりそういったことを知らなさそうとか、普段はこういったことをしないだろうなとか、性的な雰囲気を感じさせない女の子が、自分に性的ななサービスを頑張っているんです。そう思うだけでも男として興奮してくるんですよね。だから風俗では基本的に地味な雰囲気の子を狙うようにしています。それに、雰囲気が地味なだけで、よく見ると可愛いって子も多いので、余計興奮させられるんですよね。

偶然、ラストのお客になった

彼女はその日が最後、しかも自分が最後のお客になってしまったので、自ずと風俗嬢生活最後のお客になってしまいました。彼女のファンもいたと思うので、本来であれば彼女の熱烈なファンが最後を飾るべきなんじゃないかなって思ったんですけど、自分のような初めてのお客が最後になってしましました。でも、彼女はそういったことにはあまり気にしていないようでしたね。別にそれはそれで特に問題ないというよりも、ラストだからって感傷もないようでしたね。自分がもしも仕事が最後ってなったら、それなりにいろいろなことを思うかなって考えましたけど、割とあっけらかんとしている風俗嬢なんだなって思いました。でも、それはそれで別に悪くはないというか、むしろそれはそれでとっても面白いなって思いました。だからこそ、逆に楽しいなって気持ちになったのも事実なんですよね。あれだけあっけらかんとしている女の子の方が、こっちも話しやすいしあっさり楽しめました。